オープンキャンパス 資料請求
心理・社会福祉学科

心理・社会福祉学科

2年間

ソーシャルワークの
プロになる。

“こころ”に寄りそう相談支援。
社会福祉士・精神保健福祉士は人と社会との懸け橋となる存在です。

社会福祉学科

学科の特徴

「心理」と「社会福祉」の二つの分野を幅広くカバー
「心理」と「社会福祉」の二つの分野を幅広くカバー

地域社会の課題に働きかけると同時に、人の「こころ」へのサポートもできるソーシャルワーカー( 社会福祉士・精神保健福祉士) を目指します。最大4期の実習が可能であり、福祉の諸問題を当事者目線で考えていきます。

幅広い知識の獲得
福祉専門職としての高いキャリアを形成する

相談援助の倫理・知識・スキルを中心に心理学の素養も身につけるためのカリキュラムを編成しています。社会福祉士・精神保健福祉士のどちらも目指せる学びが用意されています。

現場で活躍できる人材の育成
卒後教育で学習をバックアップ

仕事と試験勉強を両立するにはモチベーションの維持が不可欠。卒業後も勉強が持続する環境づくりのために、「スタートアップ講座-基礎知識や勉強方法の確認」「合格講座-国家試験の出題傾向を徹底分析」「スーパービジョン-専門職としてのスキルを磨く」を設けて、懇切丁寧な支援を行っています。

取得できる資格

■卒業時、取得
  • 社会福祉主事(任用資格)
■卒業後、実務経験2年で受験資格取得
  • 社会福祉士【国家資格】
  • 精神保健福祉士【国家資格】
■講習後、試験により取得
  • 介護職員初任者研修

目指す職業

  • 福祉施設、地域相談機関、医療業界、学校などのソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)
  • カウンセラー
  • 公務員など

主な就職先

障害者支援施設 / 高齢者福祉施設 / 児童福祉施設 / 精神科病院 / 一般医療機関など

就職実績を見る

授業の紹介

手話
PICK UP教育・学校心理学

学校は、子どもやその家庭が抱えるさまざまな悩みが見える場でもあります。この科目では、子どもの心理的課題や支援について、スクールカウンセリングや心理テストも取り入れながら学びます。

在校生の声

「人」にしかできない仕事の重みを感じています。



心理・社会福祉学科1年井上 周太朗さん
詳しく見る

障害者施設での実習は、知らないこと、分からないことばかりでしたが、それがかえって、自分自身を見つめ直す機会になった気がしています。実習当初は利用者さんへの対応に必死で、その方の気持ちにまで思いを馳せる余裕はありませんでした。でも、日数が経つにつれて、もっとその方のことを知りたいという心境に変化していったのです。ソーシャルワークに絶対的な正解はないかもしれませんが、その方にとっての最善策はあります。それに気づき、考え、支援できるのは、やはり「人」です。社会福祉士の理念や存在意義を自分の中で整理し、人にしかできないこの仕事に取り組んでいきたいと決心しています。

卒業生の声

働く側の姿勢は利用者の方に届きます。

社会福祉法人
あだちの里
綾瀬ひまわり園
社会福祉士鈴木 奏海さん2017年3月 ※旧 社会福祉科 卒業
(千葉県立茂原高等学校 出身)
詳しく見る

私たち社会福祉士は、身体的・精神的・経済的に困難を抱える方たちへの相談援助を根幹に、適切な支援に結び付けることを目指しています。そのためには、価値観は人それぞれ違うのだという認識が重要になります。それは、職員同士でも同じです。支援に対して自分とは異なる考え方に出会う場合もありますが、しっかりと意見交換をすることで、自分では思いつかないアイデアが生まれていくのです。現在、職場ではチームを組んで従事しています。活発なコミュニケーションが途絶えることはなく、そのおかげでしょうか、利用者の皆さんも、とても好意的に私たちに接してくださるのです。私たちが精いっぱい練ったプランを受け入れていただけたと実感したとき、この仕事を選んでよかったとつくづく思います。