オープンキャンパス 資料請求
こども福祉学科

こども福祉学科

2年間

保育のプロになる。

0歳~18歳までの子どもの発達や自立支援など、保育士は福祉の視点で子どもたちを支えます。

こども福祉学科

学科の特徴

設保育園と連携した実学を重視
併設保育園と連携した実学を重視

園児を招待したイベントなど、間近で子どもの行動や感性に触れながら保育士として求められる資質を磨くカリキュラムが整っています。子どもへの接し方を学ぶだけではなく、学生同士が協働してイベントを作り上げていく過程において、円滑な対人関係を結ぶコミュニケーション能力も鍛えられます。

キッズイングリッシュ・ピアノ実技・絵本の読み聞かせ・教材製作など、多様な技術を習得
第一線で活躍する講師陣から多様な技術を習得

キッズイングリッシュ・ピアノ実技・絵本の読み聞かせ・教材製作などに取り組みます。必要に応じて個別指導も行っています。特に、ピアノ室は2教室あり、一人1台で練習できるよう完備されており、初心者でも卒業時には一定のレベルに到達できます。

困難を抱える子どもの養護と保護者支援
困難を抱える子どもの養護と保護者支援

保育所(園)での保育はもちろんのこと、『親と暮らせない子どもたちのケアや障害児への支援』『子育て支援』など保育・福祉をじっくりと学びます。児童福祉施設の見学、現場で働く職員や卒業生の話を聞くことからグループでの事例検討など実践的に学ぶことをとおして、就職して即戦力となる保育士を目指します。

取得できる資格

■卒業時、取得
  • 保育士【国家資格】
■講習後、試験により取得
  • 障がい者スポーツ指導員(初級)
  • 赤十字救急法救急員
  • 介護職員初任者研修
  • 幼児安全法

目指す職業

  • 保育士
  • 児童福祉施設職員
  • 公務員

主な就職先

保育所(園) / 認定こども園 / 乳児院 / 児童養護施設学童保育 / 児童館 / 障害児(者)施設 など

就職実績を見る

授業の紹介

子どもの保健
PICK UP子どもの保健

子どもの心身の健康と保育保健の意義や基礎を学びます。その他、安全管理・安全教育・健康教育・母子保健や制度など、子どもを取り巻く環境衛生面について考えます。

在校生の声

笑顔いっぱいの保育士を目指して頑張ります。



こども福祉学科2年大久保 麗奈さん
詳しく見る

実習初日に、ある園児が私の似顔絵を描いてくれました。とても特徴を掴んでいて、「ああ、私への関心を持ってくれている!」と嬉しくなった瞬間でした。なかには、なかなか馴染んでくれない園児もいますが、それでも最終日を迎える頃には甘えながら寄り添ってくれます。実習は、そうした子どもたちの様子を肌で感じることができる学びの場なのです。私が保育士を目指すきっかけとなったのは、自分自身がお世話になった学童保育での経験が大きいのですが、そこでかけていただいた優しい言葉を今でも覚えています。私も、いつも笑顔を絶やさず、子どもたちの拠り所となれる保育士を目指したいと思っています。

卒業生の声

子どもたちに不安を 感じさせないこと− それが最優先です。

社会福祉法人
花幸福祉会 流山さんぴこ保育園
保育士浦邉 渚さん2020年3月 こども福祉学科 卒業
(千葉県立流山おおたかの森高校 出身)
詳しく見る

保育士だった母が話す「子どもたち」のことを聞いて育ちました。それで自然と保育士を目指すようになっていったと思います。現在、3歳児クラスを担当していますが、自分の言葉でしゃべれる喜びを感じる年齢でもあり、とてもおしゃべりが弾みます。私自身もそうした子どもたちの成長に喜びを感じる反面、大人の言葉をすぐ真似したがるので、日々の言葉遣いには特に気をつけています。保育の実践では本当に「言葉」が大切なのです。たとえば、子どもたちに思いが伝わらないとき、どういう声掛けがふさわしいのだろうかと苦心するのですが、保育者の目線で考え判断することを心がけています。子どもは大人が抱く不安や心配を即座に感じ取ってしまいます。だから、常に堂々とした姿で接することを自分に課して現場に立っています。