オープンキャンパス 資料請求

AO入試とは

AO入試(アドミッションオフィス入試)は学力試験や学校の成績だけでは評価できない人物像を本校の教育目標と照らし合わせて評価し、合否を決定する入試方式です。ぜひEDOSENに入学したいという熱い思いをアピールしてください。

【一般・推薦・社会人入試】につきましては、こちらをご覧ください。

募集人員 全4学科 合計150名程度
出願資格
  1. ①高等学校を卒業した者および2019年3月高等学校卒業見込みの者。
  2. ②高等学校卒業者と同等以上の学力があると認められた者。(外国籍の方含む)
  3. ③大学入学資格検定に合格した者。
  4. ④高等学校卒業程度認定試験に合格した者または合格見込みの者。
  5. ⑤修業年限が3年以上の専修学校高等課程を修了または2019年3月終了見込みの者。
出願基準
  1. ①将来の職業として福祉分野に強い興味と熱意を持ち、本校を第一志望とする者。
  2. ②心身ともに健康な者。
エントリー方法
  • 郵送
  • 持参
  • WEBエントリー

AO入試WEBエントリーはこちら

面談日程

2018年6月1日(金)~2019年3月2日(土)

面談は2回。原則として土曜日
ただし、申込者の希望を考慮のうえ本校が指定します。

出願書類
  • 入学志願票
  • 調査書
  • 卒業証明書又は卒業見込証明書(大学、短期大学又は専門学校等を卒業又は卒業見込の者)
  • 写真1枚
  • 返信用封筒(合否結果通知用)
  • 入学検定料納入連絡票または検定料20,000円(面談時には必要ありません)
  • 外国籍の方は、書類が異なる場合がございますので、入試・広報課までお問い合わせください。
    TEL:0120-538-505
選考方法

面談および、AO入試面談申込書その他の書類により総合的に判断します。なお、必要に応じて、課題レポート・資格取得証明書・えどせん福祉体験修了証などの提出を求めることがあります。

※介護福祉学科とこども福祉学科、心理・精神保健福祉学科は適性を実施。

検定料 20,000円

AO入試のながれ

STEP
1

お問合せ

まずはメールか電話でお問合せください。

AO入試に興味を持ったら、まずはお気軽にお問合せください。詳しいご説明をいたします。

TEL:0120-538-505
E-mail:fukushi@edogawa-u.ac.jp

STEP
2

エントリー

書類に必要事項を記入して提出すればエントリー完了です。

面談申込希望者は、エントリーシート(AO入試面談申込書)に必要事項を記入して、入試・広報課宛に郵送もしくは持参してください。オープンキャンパスや入試相談会などでもエントリーできます。

STEP
3

1次面談

エントリー後、面談日時を個別に連絡します。

本校の教育の特色やカリキュラム内容を理解してもらうとともに、学校での生活や将来の進路などについての面談を行います。

STEP
4

2次面談

1次面談後、2次面談を実施します。(面談は必ず2回行います)

課題の成果の報告とこれからの自分について、より詳しい面談を行います。

なお、必要に応じて証明書などの提出を求めます。(介護福祉学科、こども福祉学科、心理・精神保健福祉学科は適性があります)

STEP
5

出願許可(合格内定)

面談結果を中心に選考のうえ、出願を許可します。

面談結果を中心にエントリーシート(AO入試面談申込書)の内容などを総合的に評価し、本校と受験生のあいだで相互理解ができた場合、出願を許可します。(出願許可通知書を郵送)

STEP
6

出願手続き

決められた期間内に検定料の納入と出願手続きをしてください。

出願許可を受けた方は決められた期間内に検定料の納入と出願手続きをしてください。

STEP
7

合格通知

郵送にて通知します。学習課題・近況報告書などの提出を求めます。(2月以降郵送)

出願許可者には入学前の事前授業として、本校内で行われる講演・研究発表等に参加いただく場合があります。

STEP
8

入学手続

学費の納入を行っていただき、入学手続きは完了となります。

よくある質問(AO入試)

A.
AO入試では、現在の学力よりも、今後伸びるであろう将来の能力を重視します。例えば、やる気や熱意といった、直接面談したうえでその人を通して伝わってくるものや、その人の将来性を感じさせる部分を積極的に評価します。ですから、成績基準にかかわらず受験できますし、選考の過程において評定平均値、欠席日数が関係することはありません。また、高校既卒者もエントリーできます。
A.

入学した後、意欲的に学習に取り組んでいける人物かどうかの面談ですから、学力テストのようなものではなく、普段の会話に近い感じで進められます。

高校生活全般や志望動機、興味のあること、将来の夢などについて、AO担当教員とざっくばらんに会話をします。きちんと高校生活を送っている生徒であれば、普段の態度で臨めば十分。強いて言えば、皆が知っている社会問題については、自分なりの考えをまとめ、表現できるようにしておきましょう。

A.
面談結果を中心にエントリーシート(AO入試面談申込書)の内容、資格取得証明書などによって総合的に判断されます。出願許可は、2次面談終了後、8月1日以降、本人宛に随時通知されます。
A.

出願を許可されない場合、推薦入試や一般入試を受験することも可能です。

また、他学科に再エントリーすることができます。AO入試の場合、検定科は出願の際に納入していただくので、エントリーに際して検定料はかかりません。いずれの場合も、AO入試での結果がその後の試験に悪い影響を与えるといったことは一切ありませんので、安心して受験してください。

A.
推薦入試は、学習成績が一定以上の水準にあり、学校長等から推薦書が得られた志願者が提出する「小論文(課題)」と面接の結果により合否を判定しますが、AO入試では、推薦書は不要で、「小論文(課題)」もありません。論文だけでは判断できない資質や可能性、意欲を応募書類、面接で総合的に評価し合否を判定します。
Students CROSSTALK
EDOSENを体験しよう! OPEN CAMPUS
えどせんのちょっとイイね! 100のこと