オープンキャンパス 資料請求

女優のんさん EDOSEN新広告に出演

2018年4月から「江戸川学園おおたかの森専門学校」という新名称で出発することになったEDOSEN。
その門出に、女優のんさんを起用し、新広告(コンセプトムービー、ポスター、パンフレット他)を製作しました。

深刻な人材不足でもある福祉業界のイメージを一新し、「福祉のプロになる」ことの価値を広く社会全体に訴えるためにも、老若男女問わず全世代から愛され、強く伝える力を持つのんさんがぴったりだと考えました。

新しいEDOSEN、そして福祉の風を、このメッセージから感じていただければ幸いです。

ステートメント

人間って、不思議だ。

生まれてから何年も、一人では生きられないし、

年老いてからも、誰かの支えを必要とする。

 

人間だけが、育児に悩み、

人間だけが、介護に息を切らしている。

人間だけが、家族という責任や、愛という言葉に、押しつぶされそうになる。

 

けれど、家族だからこそぶつかる。

近すぎるからこそ、しんどくなる。

体が生きるだけではなく、心が生きられないと死んでしまう生き物だから。

介護や育児には、もっとプロの力が必要なんだ。

 

人間だけが、「ありがとう」と言われる生き方ができる。

そんな仕事は、人間として、かっこいいと思った。

 

福祉のプロになる。

EDOSEN

江戸川学園おおたかの森専門学校

 

CM概要

タイトル:『福祉のプロになる。』
6秒篇・15秒篇(2パターン)・30秒篇・90秒篇がございます。

公開期間:2018322日(木)~
CM『福祉のプロになる。』:EDOSEN YOUTUBEチャンネル

 

『福祉のプロになる。』 90秒篇

『福祉のプロになる。』 30秒篇

 

CMのストーリーと見どころ

EDOSENにやってきた、のんさん。

授業を見学し、学生とともに実習を体験していきます。

そこで見た「福祉のプロの卵」たち。

彼らのひたむきな様子と、いまの社会に求められる福祉について思いを馳せて、のんさんは、EDOSENで得た経験・思いをノートに綴り、街へ、社会へ、声を発していきます。CMには、EDOSENが授業に導入している「介護支援ロボット」も登場します。

 

CM撮影エピソード

撮影日は、2月初頭の非常に寒い日で、朝から悪天候が予想されていました。ところが、早朝の校舎屋上での撮影シーンでは、のんさんを待っていたかのように、突然雲が薄れて朝焼けの光が差し込んできました。太陽の周りには虹の環も見られました。そして、屋外での撮影終了後、すぐに降雨となりました。(制作スタッフのコメント)

 

制作スタッフ

企画制作:株式会社TP東京

Project Manager:山谷 祐貴

Assistant Manager:坪田 憶人

Creative Director & Copywriter:こやま 淳子

Director:太田 良

Art Director & Designer:鈴木 淳文

Web Director & Designer:森 彩子

Graphic Cameraman:杉田 知洋江

Cinematographer:今村 圭佑

Lighting Director:平山 達弥

Product Design:竹内 悦子

Music Producer:鶴丸 正太郎

Stylist:飯嶋 久美子

Hair & Make:菅野 史絵

Special Thanks:山田 博之、久松 真菜、鈴木 貴秀、途中 慎吾

一覧へ
Students CROSSTALK
EDOSENを体験しよう! OPEN CAMPUS
えどせんのちょっとイイね! 100のこと